FC2ブログ

Welcome to my blog

アートな日々~&日々の出来事!

ARTICLE PAGE

山形の旅(山形)⑯ 山寺後藤美術館

2019年7月3日(水)
JR山寺駅
山寺駅

山形駅 JR仙山線 仙台行8:55発 → 山寺駅 9:13着


山寺駅からの景色
山寺1

山寺駅に来る観光客の第一のお目当ては
こちらの山肌の岸壁に突き出ているように建てられているお堂です
私のお目当ては別のところで有ります (*^^)v

山寺2

こちらは、芭蕉記念館です
お目当ての美術館のそばに有ります (*^^)v


山寺後藤美術館

こちらが、お目当ての美術館です!
駅から徒歩15分位ですかね…
坂道だったから、もっと時間がかかった様な気がしました


山寺後藤美術館入口
山寺後藤美術館1

ここは、穴場の美術館だと思います
アールヌーボー期のガラスの作品が所蔵されていますし
えっ、こんな有名な人の絵も有るのだと意外性がありました


美術館のパンフ
山寺パンフ

素敵なロココ調な絵画
ジョアッキーノ・パリエイ(1852~1896年)「夜会」部分


山寺入場券

入場券です。


山寺五島美術館2

展示室手前に有った、ステンドガラス
もしかしたら、撮影してはいけない物だったのかもしれない (-_-;)…
エドワード・バーン・ジョーンズ風


山寺パンフ1

大好きな、ガレやドーム兄弟の作品も見れました (*^^)v


ジョン・エヴァレット・ミレイ(1829~1896) 
「クラリッサ」

山寺ミレイ

とても大きな作品でした
ラファエロ前派の画家
代表作品は、「オフェーリア」
お花と共に川に浮かんでいるオフェーリア



山寺絵葉書

入館記念にいただいた絵はがきです
アレクサンドル・カバネル「エコーの声を聴く」
カバネルは海で横たわるヴィーナス空には、天使が4羽?
「ヴィーナスの誕生」が一番思い浮かぶ絵ですね


山寺ガレ

ミュージアムショップで買った花瓶型絵はがき
通常のハガキサイズではなく
花瓶の形そのもの の特殊なハガキ
切手代は定形外になります

後藤美術館のオーナー様は、
ハイソなホテルにジュエリーショップを展開されているそうです
ホテルニューオータニ、帝国ホテルアーケード、品川プリンス等
成る程ね…


関連記事