FC2ブログ

Welcome to my blog

アートな日々~&日々の出来事!

ARTICLE PAGE

超写実絵画の来襲 Bunkamuraザ・ミュージアム

  • CATEGORY展覧会
  • PUBLISHED ON2020/ 03/ 22/ 16:46
超写実絵画の来襲 ホキ美術館所蔵
ホキ文化村1
五味文彦「いにしえの王は語る」2018年


絵画を見る事にうえていた今日この頃

ちらしには3月18日となっていますが新型コロナウイルス影響で
実際開催したのは20日の春分の日です
その初日に行ってまいりました 

入館したのは、11時頃でしたが
鑑賞者の程よい隙間がある状態で見学できたのは
見る側にとってもじっくりと見れましたし 
流行り病の予防にもベストでした

本家本元のホキ美術館は、遠いので
(去年の台風で水につかり、改修工事中!休館しています)
写真みたいな絵画を見るのはつまらない…何て思っている人は
(日本の写実絵画を実際に見る前のワタクシはこんな感じに思っていた)
是非見に行って下さい! 

生で見る写実絵画を見れば息をのむ程の素晴らしさに
感激間違いなしです!
これが人の手で描かれているとは信じがたい作品と遭遇できます

ホキ美術館所蔵の絵画を見たのは、これで3度目
一度目は、去年の7月山形で次は千葉県にあるホキ美術館へ
そして今回の展覧会でございます (*^^)v


石黒賢一郎 「存在の在処」 2001~2011年
ホキ文化村2

TV「ぶらぶら美術館・博物館」で石黒先生のこの絵の黒板に
チョークで書かれている字が凄いと言っていたので
凄く~見てみたかった作品でした
筆あとが残っている感じはなく、チョークで書かれた字のかすれ
微妙な感じが絶妙でした
そして黒板の横の掲示板に貼られているプリントの日に焼けた
感じも超素晴らしかったです 目の前でまじまじ見てきました (;^ω^)
やっと見れて良かった (*^^)v
後、石黒先生の作品でアニメ「エバンゲリオン」のキャラを取り入れた
ものが2作品あります


森本草介 「未来」 2011年
ホキ文化村3

セピア調の森本先生の絵は、柔らかく女性好みの絵だと思います
私もファンになってしまいました 

東日本大震災の日、森本先生は書きかけの絵が二枚あり
一枚はキャンバスが破けてしまい、残りのもう一枚は
イーゼルからキャンバスが落ち絵の具がべっとり付いてしまいましたが
破ける事を免れたので手直しして描き上げた作品がこちらで
「未来」 と言うタイトルをつけられてそうです。


森本草介 「横になるポーズ」 1998年
ホキ文化村4

ホキ美術館の創設者 ホキ将夫さんが森本草介先生の作品と出会い
「横になるポーズ」がコレクション第一号の作品となり
日本の写実絵画の収集のきっかけとなった記念的作品。

今回の展覧会で森本先生の作品は、5点の展示です。


いただいてきたチラシ
ホキ文化村5

また、片道3時間かけて見に出かけてみようと思っている
展覧会です、森本草介先生の作品を約30点展示する予定だそうです(*^^)v


今回の展覧会では、展示されていませんが
千葉県のホキ美術館へ行った時、かなり感激した作品がコレです
ホキ文化村6
三重野 慶 「言葉にする前のそのまま」 2017年

もらってきたチラシ類に載っていたので
UPしてみました、水に濡れた人物の描き方も素晴らしいし
なんと言っても、河原と水の表現ですよね
溜息ついてしまいます…。

渋谷bunnkamuraへ行った日は、スマホもカメラも忘れてしまいましたが
一枚だけ写真OKの絵画があります
記念に撮りたい方はお忘れなく。



関連記事