FC2ブログ

Welcome to my blog

アートな日々~&日々の出来事!

ARTICLE PAGE

イラストレーター生賴範義展 上野の森美術館

  • CATEGORY展覧会
  • PUBLISHED ON2018/ 02/ 01/ 00:09
上野の森美術館
上野の森

本日、用事があり有給をとりまして仕事をお休みしました
午前中に用を済ませ生賴さんの絵を生で是非見たかったので
今 行くしかないと上野にいってまいりました ( ̄^ ̄)ゞ


生頼ちらし

2月4日までなので今度の土日は非常に混み合う
のではないでしょうか…
平日のわりには、賑わっていましたよ (^_^)v
生頼さんのイラストを見に来られた方は
じっくり絵を鑑賞され、細部までしっかり見ていこう
という気持ちが汲めるような方たちが沢山いらしていました

ちらしの右一番上は、超時空要塞マクロスでした
原画の下に貼られていたタイトルを見て初めて
マクロスだとわかりました、放映当時はちゃんと見ていましたが
さっぱりわかりませんでした (;一_一)

その左となり、プロゴルファー「ジャンボ尾崎さん」写真ではありません
ちゃんと生頼さんが描いたものです!

その下は、戦艦大和です~少し前にBS1だったかな?
海に沈んでいた大和を発見したチームから海中で撮影した
フィルムをNHKが入手してそのフィルムに映された残っている
大和を検証しながら、絶対沈まないと言われた大和をコンピュータ
グラフィックを使い再現していく番組をみました
「永遠のゼロ」の戦艦版の世界でした
私は~メカにはうといのですが、
戦艦大和の主砲を打つと
近くの対防空砲(こんな名称でイイのかな?)を担当していた人達が
その威力でふっ飛んだり
やけどをしていまうという、とんでもない状態だったそうです
攻撃をすると、味方を死なせてしまう
対防空砲の周りを囲う鉄の楯がつけられていなかったそうです
作るのが間に合わなかったのか、鉄不足だったかですね
大和は、船団のなかでも一番大きな戦艦だったので
結局、一番の攻撃目標になってしまったらしいです
話がそれてしまいました m(_ _)m

つい3日前、シンゴジラを見ました
長谷川博範さんが一番目立つ美味しい役どころでしたね
大杉漣さんが総理大臣役で出演されているのを知り
レンタルしてきましたが、大杉さんの総理大臣は
今ひとつ押しが足りない様な感じの総理役に見えて
ちょっとガッカリしてしまいました 
生頼さん、ゴジラを描くにあたっては
とにかく大きく汚い感じを目指してかかれたそうです
がん細胞が増殖していいくイメージだと書かれてありました


自画像
生頼7

生賴範義(おおらいのりよし)
1935~2015年。
明石市生まれ、東京芸術大学中退後1962年より
イラストレーターとしての活動を開始
1973年に宮崎市に拠点を移し
「スター・ウォーズ/帝国の逆襲」の国際版のポスターを手がけ
世界中から注目を集める
「ゴジラ」シリーズ、「マッドマックス2」等の映画ポスターをはじめ
書籍の装幀画、レコードのジャケットや商業広告のイラストを
描き続けた、生涯遺した作品は、約3000点以上にも及びます。
(ちらしより)


本のピラミッド
生頼ピラミッド

生頼さんが手がけた表紙の書籍が
一堂に並べられていました


ドラゴンクエスト
生頼1

ポス―の展示コーナーでは、撮影OK
生頼さんが可愛い子供を描いているのは珍し
かもしれません
ファンタジアビデオと下に書かれています
実写だったのかな~?


逆襲のシャア
生頼2

ガンダムも描いていたのかぁ
(大河原さんでは、なく)

スター・ウォーズ/帝国の逆襲
生頼3

全世界の映画配給先でこのポスターが使わたのです
当時、日本人が描いたと知った時には
「凄い!」と思いました憧れの的でしたね~

帝国の逆襲下書き

展示されていたのは、帝国の逆襲の下書きのみだけでした
よ~く考えれば、高額なイラスト代金をもらい原画はきっと
ルーカスフィルムに置いてあるはずです
しかしディズニー傘下になったので何処にあるのかな

生頼さんは、こちらのスター・ウォーズでの宇宙空間を基本色
緑にしました、普通は藍色を使う方がほとんどですが
緑色の方がより奥行きを感じられるからだそうです


エピソード4

エピソード4のイラスト
これは、購入したクリアファイル、税抜きで450円と高かったのですが
同じ絵のポストカードでも250円もしたので、それならばと
クリアファイルにしました
ミレニアムファルコン号が巨大すぎて
人物が小さいからポストカードだと見えずらいこともありました (^v^)

エピソード4部分

わたしの中のスター・ウォーズは、エピソード4なので
みんな勢ぞろいなのでうれしいです
原画を見るとオビワンはそっくり
ハンソロは超かっこよいポーズで描かれています


宮本武蔵 1970年
宮本武蔵

モノトーンのイラストも、かっこいいです


生頼4


生頼5

セクシーな絵ですが、生頼さんのような絵の上手な方でも
こうやって方眼紙のようなマスメを書くのですね
(ホン描きの時、当たりがとり安い為)

生頼6






関連記事