FC2ブログ

Welcome to my blog

アートな日々~&日々の出来事!

ARTICLE PAGE

三沢厚彦アニマルハウス:謎の館 渋谷区立松濤美術館

  • CATEGORY展覧会
  • PUBLISHED ON2017/ 11/ 23/ 22:08
渋谷区立松濤(ショウトウ)美術館
松濤美術館

11月10日(金)大学病院に行く日だったので仕事は休みをとりました
病院に出かけた帰りに渋谷にまわり、彫刻家三沢厚彦展へ

美術館の入口は、中世のお城の出入り口のような造り
個性的な建物です~(^v^)

入口付近にある看板が見えると思いますが、毎週金曜日は
渋谷区民、入場無料らしいです~
さすが都会で羽振りのよい
企業が沢山あるから税収入が多いからなのか?
よく分かりませんが、大判振る舞いです
23区内でみどりが一番、住んでいる人は2番目に多い練馬区
と聞いています(*^^)v
練馬区立美術館では、区民が週一で無料の日なんて無いですね…


チラシ
三沢厚彦展ちらし

10月に広島へ行き、彫刻家の「はしもとみおさん」の展覧会を見たせいか
TV日曜美術館の展覧会のお知らせコーナーで、動物の彫刻を作っている
三沢厚彦さんの展覧会が紹介されていたのを見て
行ってみたくなった訳です~(*^^)v

そう、そう~TV「ダーウィンが見た」の猫特集見ましたか?
はしもとみおさんチョビットだけ映っていましたね(^v^)


三沢厚彦さんの巨大なトラ
三沢とら

入口付近で展示されていたトラ。
こちらのトラだけ撮影OKだったので
スマホでとった写真です(カメラを忘れてしまったので…)

三沢とら1

会期は、後3日しかありません
もっと早くUPせいへんからアカンのよ~!
そうなんです、遅いわたし…(-"-)


船越 桂さんの作品
08・妻の肖像 1979~80 09・言葉をつかむ手 2004
船越桂

展覧会のタイトルは、三沢さんが好きなアメリカのコメディ映画
「アニマルハウス」からだそうで、アニマルハウスと呼ばれる学生寮に住む
怪人、変人が繰り広げる物語なので
(ブルースブラザーズのダンエイクロイドの相方、ジョンベルーシが出演していた作品かも…)
三沢さんが主人となりお客さんを迎えてはどうか?と言う意向で
お知り合いの画家の方や、大学時代の先輩~船越桂さんも
呼ぼうということになった展覧会のようです

だから三沢さん以外の方の作品もあるということになり
初めて三沢さんの作品を見にやってきた私は~
彫刻作品の制作過程も知りたかったのですが
そこまで、奥深いところまで解る展覧会ではなかったのが
今ひとつ残念でした
(制作前のデッサンなど見てみたかっですが無かったなぁ
会期中には、公開制作などあったらしいです)

そのせいか、作品は楽しく可愛かったのですが
私にしては、珍しく短い時間であっさり見終わったのでした

船越さんが好きな方には、なかなか興味深い展示も有り
少し前TVで船越さんのアトリエをみたのですが
船越さんが思いついた言葉など小さいメモに書いたものを
壁に沢山貼っていたのを見かけました
こちらの展覧会で船越桂さんのメモ(ラフな絵もあり)の展示も
ありました、これは貴重だと思います!


夕方の吉祥寺駅前
吉祥寺駅11月

帰りは井の頭線の神泉駅から乗り、
吉祥寺でバスに乗り帰ることにしました
(田舎者なので、渋谷の混雑をさけました(*^^)v)

駅前は、すでにクリスマスの装飾になっていました
キレイだったので写真を撮ってみましたよ~ (^v^)




関連記事