Welcome to my blog

アートな日々~&日々の出来事!

ARTICLE PAGE

島根県の旅⑨ 浜田市世界こども美術館 (船原七紗さん)

大森バス停近くの~家に居た黒猫ちゃん
大森 黒猫ちゃん
カメラ目線ありがとう猫ちゃん~

近づいても逃げないし、人慣れしているようでした
近くで写真を撮ろうとすると直ぐ目をつむってしまうのが不思議
でしたが…後から考えると私のカメラはメタルシルバー色なので
きっと光って見えて眩しかったのだとわかりました(^◇^)


羅漢寺、五百羅漢
五百羅漢

銀山で働き亡くなった人や祖先の霊を供養するため
25年の時間をかけて1766年に完成しました
501体の羅漢像が安置されています

手前から2番目の太鼓橋を渡った扉の先に501体の羅漢像が
有るようでしたが、有料なので私は中まで入らず
外側だけ見させてもらいました

大森のバス停で路線バス12:58発のバスとそれより少し早い時間に
同じ大田市駅に向かう高速バスが有りましたが…高速バスなので
路線バスより、料金が高くなるのでは?なんて考え、
路線バスの方を待っていると逆方向から来たバスの運転手さんがバスの窓から
バス停で待っている私に向かって「どこまでゆくの~っ?」と聞かれ
「おおた」と答えたら「おおだぁ~!大田(オオダ)だったら今来てる
高速バスに乗った方が早いよ~」と言われてたので路線バスを待って
いましたが素直に高速バスに乗ることにしました
(運賃は、同じでした)
この時初めて大田市をずっと「おおた市」だと読んでいた
間違えが分かりまたどうりで下調べしている時に
パソコンでうまく変換できなかったことを思い出しました
一瞬、運転手さんがナマっているのかと思ったりもしましたが
親切なバスの運転手さん有難うお陰で早く駅に着きました
(大田市の方は、親切な方が多いのかもしれません(^◇^))

広島から石見銀山の入口「大森」のバス停にとまり大田市駅まで行く
高速バスもあります


大田市駅
大田市駅

13:55大田市駅発 JR特急スーパーまつかぜ号 益田行きに乗車

大田市駅1

車両のボディ、なんとなくハイビスカスに見えますが
どうでしょうか?


14:36着 JR浜田駅
浜田駅

駅内にはエレベータがあります

それに、観光案内所もあるので分からない事があれば聞いてみましょう
椅子も置いてあるので、次の目的地までのバスの待ち時間があったので
休憩させてもらいました、長椅子の前には大きなモニターで
石見神楽の舞台を録画したDVDの上映もされていましたよ
(ファストフード的な食べ物の販売もあり)


駅前のしかけ時計
浜田駅1

3時になったら、時計台のシャッターが閉まっていた舞台がひらき
お囃子がテンテコテンテコ聞こえてきました
上段は、「大蛇」スサノオノミコトとオロチです


 15:10石見交通バス 県立大学行に乗車です




浜田市美術館

15:20着 こども美術館前で下車 何故かこの路線区間は安く100円でした
大学があるからかなァ?


オブジェ
浜田市美術館1

大田市大森町でみかけた、オブジェと同じです~
島根県の作家さんですかね(*^^)v


浜田市世界こども美術館
浜田市美術館2

きれいな建物です、大きくて立派!


アートパレード展
浜田市美術館3

まず、最初に小さい暗室に入るとこのような
可愛らしい展示物がっ!
私が訪れた時は、子供が夏休みの時期を含んだ
親子が楽しめるような体験型現代美術展でした

すでに9月になっていたので、親子づれはチラホラくらいでした
平日なので来館者が少なかったせいか…学芸員のお姉さんが
しばしの間、付きっきりで体感向けの遊び方を教えていただけました
靴を脱ぎ大きなスクリーンに向けパズルのピースの映像に
クッションを投げ5か所当てて消えれば、海が出てきてサカナ達が
泳ぎ出すと言う感じの今風のものが楽しかったです
オバサン(私)とお姉さん二人でやってみました(笑)


船原七紗さんの作品
船原さん1

マスキングテープで作品を制作されている方
大人向け、新しいアートですね
こちらの 作品を見れて良かったです (^◇^)


「最後の晩餐」 レオナルド・ダビンチ   2013年制作
船原さん2

写真撮影は、OKでした
撮った写真を同じ職場の人に見せたら
知っていたのには驚きました
直接見た訳ではないようでしたが
テレビか、何かの媒体で知ったようです(^v^)


「真珠の耳飾りの少女」 フェルメール 2013年制作
船原さん4

最後の晩餐は、大勢いるし背景も作らないといけないから大変です
フェルメールは、素晴らしい出来 制作者が力を入れて
又は、のりながら作品が仕上がったモノだとわかります



「叫び」   ムンク
船原さん6

こちらも、上出来ですね~。


「メーダ・プリマヴェージの肖像」 グスタフ・クリムト  2014年制作
船原さん7



「富嶽三十六景 凱風快晴」 葛飾北斎   2014年制作
船原さん9



「鳥獣花木図屏風」 伊藤若冲   2015年制作
船原さん12

こちらは、もう感激的でした (^◇^)
実物大くらいで迫力満点です 

船原さん伊藤若冲

よく、ここまで制作されましたね。



船原さん10壁

船原さんの展示の反対側の壁には、自由にマスキングテープで
絵の制作ができるようになっていました
籠の中にマスキングテープがあるので好きな色や柄を選べられます
私も、4分くらい かけていちごを作ってみました(*^^)v



浜田市美美術館ミッフィー

展示を見終わり出てきましたら~
なにやら見たことのある形状?


ミッフィー?
浜田市美術館ミッフィー1

ブルーネさんのキルティング風、巨大なミッフィーでした


「piece of PEACE」 高さ180cm
浜田市美術館ミッフィー2

制作 ひびの こづえさん
コスチュームデザインをされている方です

グラントワ 島根県立石見美術館での生誕60周年ミッフィー展で
「ミッフィーアートパレード日本」への出品展示された作品だそうです


きりのよい所までUPしようとしましたら長い記事になってしまい
大変でした。
長い記事を見て頂き、どうもありがとうございます
こりずに~、また見てやってください (^v^)


続きます ( ^^) _旦~~




関連記事