FC2ブログ

Welcome to my blog

アートな日々~&日々の出来事!

ARTICLE PAGE

島根県の旅⑤ 重要文化財 熊谷家住宅 その2

お庭に接している廊下
熊谷家0.5

熊谷家の歴史
古文書などによると、祖先は毛利家の家臣であったと伝えられ
江戸時代初めから旧銀山町(銀を産出した仙ノ山一帯)に住み
銀山附役人(ギンザンツキヤクニン)を務めたとされています。


右手前が奥の間で~建てられた当時のまま唯一、残っているお部屋だそうです
熊谷家1

由緒書などによると享保14年(1729)、旧大森町(現在の大森の町並み一帯)の
田儀屋が熊谷家の名跡を継承し、このときに旧大森町に熊谷家が成立したと
されています


熊谷家2

壁にさりげなく、飾られたお花が素敵でした (^◇^)


熊谷家3

家業である鉱山業や酒造業とともに代官所に収める年貢銀を
秤量(ヒョウリョウ)・検査する掛屋、幕府直轄領である石見銀山御料の
支配の一部を担う郷宿、代官所の御用達を務め、当主は代々
町年寄(マチトリヨリ)に就くなど石見銀山御料内で最も有力な商家の
一つでした。   ~パンフレットより


熊谷家3.3

こちらの窓?が可愛いらしい感じがします(^v^)

熊谷家3.6

お盆の中を池か川に見立て、金魚とカエルがいました


坪庭
熊谷家5


居間の床下に設けられた地下蔵
熊谷家4

代官所から大事な物品を預かるために設けられたもの
畳をはがし、梯子をかけて出入りしたらしい


家庭看護の道具                酒造時代の道具
熊谷家6 熊谷家7

左側
懐かしい~ゴム製の氷まくら
小さいころ使っていた覚えがあります
ドーナッツ型のものも、氷枕なのでしょうか
このタイプのものは、わたしは見たことが
ないですね…

熊谷家8





関連記事