FC2ブログ

Welcome to my blog

アートな日々~&日々の出来事!

美術鑑賞に、旅行、ちょっとだけ絵を描きます…

江津への旅(島根県)② 出雲市駅前オロチ&須佐之男命像

於国塔(オクニトウ)
臆に等

稲佐の浜を後にして、出雲大社のバス停に戻る途中に見えた塔です
歌舞伎の創始者とされる出雲阿国(イズモノオクニ)
塔の下には男装の阿国を描いたレリーフがあり
現在の塔は昭和43年に再建されたものだそうです

出雲阿国の墓
出雲阿国の墓

帰り道の右手側にお墓の入り口がありましたが
私は、入口を通り過ぎただけです
(バスに乗り遅れたくなかったので(*^^)v)

中村家(阿国の生家)の墓の隣に石柵で囲った平たい自然石の墓が
あるそうです、今でも芸能関係者や歌舞伎ファンをはじめ
多くの参拝があるとのことです


AM8:53 出雲市駅前 
出雲市駅

路線バスで出雲市駅に戻ってきました


須佐之男命&大蛇 
八岐大蛇

何度も来ているのに、こんな像があることに気が付きませんでした
カッコ良い


八岐大蛇1月

須佐之男命も中々ですが~

八岐大蛇2

オロチの方がカッコ良い出来です
お酒のカメのフォルムも良いですね~っ!

八岐大蛇4

いつも、ブログを見てくださる方々どうもありがとうございます(*- -)(*_ _)ペコリ
年末に向かって仕事がさらに忙しくなっている今日この頃です
なかなか、記事がUP出来ない状況であります (;'∀')


江津への旅(島根県)① 稲佐の浜(出雲市)

奈良・京都の旅が終了しました
次に控し旅は、2018年7月27日(金)出発です
夏、真っ盛りでした

PM18:50 スープストック東京
スープストック東京

高速バスに乗る前の腹ごしらえです (*^^)v
渋谷マークシティ4階のスープストック東京に初めて入店してみました
しゃれたスープ&カレーのファストフード店なのですね~
注文すると余り待たずに食事にありつけます、便利なんですね
関心いたしました
選んだカレーはいちじくカレー、キーマカレー様な中に
所々いちじくの甘さをかんじることが出来るカレーでした
イチジク好きなのでチョイスしてみました (*^^)v
スープは冷たいヴィシソワーズに~とても美味しかったです
ドリンクは、オレンジジュース
セット料金で 税込み1180円也


21:19 足柄サービスエリア
足柄サービスエリア

渋谷マークシティ5階 20:00発 スサノオ号に乗車
一度目の休憩は、お馴染みの足柄サービスエリア


翌朝7/28(土) AM5:21 韮山高原サービスエリア
韮山高原

早朝に2度目の休憩
早朝なので飲食店や売店は営業していません
せいぜい自動販売機で飲み物が買えるくらいです


7:47奉納山
奉納山

バスは7:41に出雲大社に到着 (*^^)v
一つ手前のバス停、出雲市駅から出雲大社へ向かったのは
わたくしと他の女性一名という少なさ~
出雲大社にあるバス停の近くにコインロッカーがあり
大きな荷物を預け、手軽な格好で稲佐の浜に向かいました

奉納山は、歩いている途中で見えてくる、こんもりとした
形の良い山です


出雲大社末社 大歳社(オオトシノヤシロ)
出雲大社末社

こちらも歩いていたら目についた社(やしろ)です

出雲大社末社1

スサノオノミコトの御子息が祀られているようですね


7:58 見たかった 稲佐の浜の弁天島が見えてきました
稲佐の浜
稲佐の浜1

近くに、一組の親子ずれの姿~
浮袋を抱えているので海水浴にやって来たようです
そう言えば…随分長い間、夏場に浜辺に来たのは忘れてしまった位
久しぶりでした
日に焼けると直ぐシミになったり、
水着姿になる勇気がない年齢になってしまった事ですかね~



弁天島
稲佐の浜3

稲佐の浜は、旧暦の10月に八百万の日本の神々を迎える神事が行われる
場所です、暦では神無月になりますが出雲では神在月となるそうです


稲佐の浜4

稲佐の浜5

稲佐の浜6

稲佐の浜7

稲佐の浜8



奈良・京都㉜ 色彩の画家オットー・ネーベル展

オットー・ネーベル展 
オットー展

旅行中、京都文化博物館で開催されていたオットー・ネーベル展
ちょっとパウル・クレーに似ている感じでした


「かなり楽しく」 1940年 オットー・ネーベル財団蔵
オットー展1

スイス、ドイツで活躍した画家オットー・ネーベル(1892~1973)
1920年代半ばにワイマールに滞在したネーベルは、バウハウスで
カンディンスキーやクレーと出会い、長きにわたる友情を育みました
ベルンのオットー・ネーベル財団の全面的な協力を得まして開催される
日本初の回顧展となる本展では建築、演劇、音楽、抽象、近東など
彼が手がけた主要なテーマににそって
クレーやカンディンスキー、シャガールなど同時代の画家たちの作品も
併せて紹介することで、ネーベルが様々な画風を実験的に取り入れながら
独自の様式を確立していく過程に迫ります
バウハウス開校100周年(2019年)を前に、若き日のバウハウス体験に始まり
素材やマチエールを追及し続けた画家ネーベルに知られざる画家を紹介します
                            ~ちらしより~       

常設展示も見たかったのですが~この日はバスの乗り間違いや
道に迷ったりして~予定より押せ押せムードだったので
また、次回に京都に来た時に見学させていただこうと思います (*^^)v

イノダコーヒー
イノダ

次は、イノダコーヒーへ
ただ、買い物の為に寄りました (^^♪


自分の為のおみやげ
イノダコーヒーおみやげ

まず奥の右手側が「アラビアの真珠270g (粉)」1620円
イノダコーヒーでは、代表的なコーヒーです
お店では、ミルクと砂糖が入っている状態で出してくれます

左側 コーヒーのろ過器 1185円

手前がキッチンふきん ブルーのイチゴ柄 185円也~

イノダコーヒーの後に2件ほど行きたいお店があったのですが
新幹線に乗り遅れると行けないので慌てて京都駅へ戻りました
それも、新幹線のホームに辿り着いたのが新幹線の出発時間
2・3分前でした~ こんなにギリギリで
新幹線に乗るのは初めてで
冷や冷やものでした

それでもって~、京都駅で仕事先のお土産を買うはずでしたが
新幹線に乗り遅れそうだったので買えず
池袋西武百貨店の食品フロアで京都土産を買うという行為を
初めて致しました 
私的には~前代未聞なコトでした
仕事先の人たちには、池袋で買ってきたぁ…何て口が裂けても言えません(;'∀')

これにて、奈良・京都の旅 完です


奈良・京都の旅㉛ あめとカフェ とにまる (京都文化博物館内)

京都文化博物館
京都文化博物館

この日のランチは、京都文化博物館で開催中の
展覧会を見ようと予定をたてたので
京都文化博物館内に併設されている
カフェに決めていました


とにまる 店内
とにまる1

和モダンな店内。


とにまる2

お冷に~飴(抹茶味)と小さいグラスに入っている
お試し冷やしあめのサーヴィス (*^^)v

行ったのは6月でしたが、真夏の様な暑さだったので
冷やしあめでクールダウン~なかなか😋美味しい!


とにまるランチ
とにまる3

4種類のおかずの中からチョイスするとにまるランチ
私が選んだのは、銀たらの西京漬けです
お値段は、税込980円也~なかなかお手頃のお値段!

とにまる4

美味しかった、銀たらの西京漬け (*^^)v


パフェ
とにまる5

最初に飲ませてもらった、冷やしあめが気に入ったので
太っ腹で~ひやしあめパフェを食後のデザートに注文してしまいました
税込みで880円、ランチの値段と100円しか差がないパフェ
高級です

アイスの下にある琥珀色しているものがゼリー状のひやしあめ
グラスの底にあるのものが抹茶味のプルるんゼリー
食後の直ぐ後だったので余計、ボリュウミーに感じましたが
美味しかったので完食いたしました (*^^)v