FC2ブログ

Welcome to my blog

アートな日々~&日々の出来事!

美術鑑賞に、旅行、ちょっとだけ絵を描きます…

セタビカフェ 世田谷美術館内

12時 セタビカフェ店内 
セタビカフェ1

濱田庄司展を見た後のランチです (*^^)v
世田谷美術館の建物の中には、本格的なフランス料理がいただける
ル・ジャルダンがありますが~私には千円くらいで頂けるセタビカフェがちょうど良いです


日替わりハンバーグランチ
セタビカフェ2

2度目のセタビカフェでしたが~前回と変わらず
ハンバーグにしてしまいました (ハンバーグばかり選んでしまいます
こちらで税込み950円也!
野菜たっぷりに手前にポッコリとポテトサラダ
ご飯の量もたっぷりです

セタビカフェ3

ハンバーグのソースは、マッシュルームソース
和風なちょい甘なソースでハンバーグも美味しかったです
それにプチデザートには、紅茶のゼリー


 紅茶&レアチーズケーキ
セタビカフェ

プチデザートがランチプレートに付く事を忘れ~、このところまともに
ケーキを食べていない事に気づいてしまい
大好きなレアチーズケーキを注文、それと食事を注文すると
コーヒーor紅茶を250円で飲むことができるのでたのんでしまいました
ふとショウケースをマジマジ見直したらルバーブのタルトもあって
注文してから~失敗したかなぁ、ルバーブは今が旬で
今の時期しか食べられないし!ルバーブのケーキなんて一度も
食べたことがなかったので余計食べたくなってきましたが
もう注文してしまったので潔くあきらめました、またの機会です
ルバーブタルトは食べられなかったですがレアチーズケーキが
とても美味しかった、満足です(*^^)v
写真では小さめに見えますが
これまたケーキの方も食べ応え十分でした

13時 100円ワークショップ 「土と遊ぼう」
100円ホビイ

世田谷美術館で開催中の展覧会に合わせた
ワークショップが毎週土曜午後1時から開始
たった100円で楽しめます (*^^)v
8月中は金曜日もやっているそうです
(注意!濱田庄司展期間中)

今まで気になっていましたが、初めて参加してみました
白・茶色・グレー色の粘土の塊をもらい
作品を作った最後には~ペンダント用のヒモorマグネットを
選んで終了となります
ワークショップに参加される方は、前もってどんな形やデザインに
したいか考えてから行ったほうが無難です
実際作る段階で…どんな形にするか悩んでしまいました
結局1時間もかかつてしまいました
私はペンダント用のヒモとマグネット両方が欲しかったので
プラス50円払い頂いてきました ('ω')ノ

セタビカフェ(世田谷美術館)
世田谷区砧公園1-2



没後40年濱田庄司展 世田谷美術館

  • CATEGORY展覧会
  • PUBLISHED ON2018/ 08/ 17/ 00:50
AM10:28 世田谷美術館
濱田2

濱田庄司展には、8月4日(土)に行ってきました
住んでいる練馬区から世田谷美術館へのは電車とバスを利用して
行きますが~毎度ながら遠く感じます…
へたすると2時間くらい掛かります 


濱田庄司展 チラシ
濱田

今回の展覧会は、堀尾幹雄さん(1911~2005)という方が
濱田さんの作品をコレクションしたもので
日々の暮らしで実際に使われていたそうです
堀尾さんが大阪市東洋陶磁美術館へ寄贈した200余件の作品から
184作品を選び、それらに濱田さんが創作の源泉として自ら蒐集した
イギリスのスリップウエアの器なども加えた200件の
作品が展示されています


濱田1

わたしが初めて行った濱田庄司の展覧会のチラシです
この展覧会はとても興味深く楽しく拝見した展覧会でした
濱田庄司スタイル展というくらいなので、濱田さんの暮らしぶりを
中心にスポットを当てた、モダンな展示でした
チラシの濱田さんが座っているのは「イームズのラウンジ・チェア」です
(1970年頃)もちろん自分で作られた陶器でお食事もされていた
写真もみました
世田谷美術館のミュージアムショップで「濱田庄司スタイル展」での
図録本が売られていたのを見たので興味ある方はお買い求めては
いかがでしょうか~ (*^^)v

「濱田庄司スタイル展」より
濱田8

左からウインザーチェア(イギリス17世紀)、濱田庄司デザイン装飾電燈傘1937年
スーツ一式濱田さん着用(三越製)、濱田庄司作帯留(陶製品)1960年


こちらから、世田谷美術館にもどります m(_ _)m
濱田3

今まで展示会場の窓はパーティションで隠されていて
会場から外の景色を見たことがなかったのですが初めて
大きい窓があるのを知り~世田谷美術館の緑がこんなに
キレイに見えるなんてビックリしました (*^^)v
(こちらの部屋のみ写真撮影OKでした)


白釉黒流描大鉢 制昨年不詳
濱田4

濱田庄司(1894~1978)は、1955年に「民芸陶器」で
第一回重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定され世界的にも
知られる陶芸家です

濱田5

6・7年前失業中に図書館で濱田庄司さんのエッセイ本を借り
読んだことがあります、なんと幼少の頃学校の書道の時間に
先生のお手伝いとして上級生からも教えられたりするそうで
何と!岡本太郎さんのお母さん岡本かの子(俳人・作家)が
上級生でたぶん優秀だったのでしょう、かの子さんが勝手に
濱田庄司さんの紙に薄墨で下書きを書き入れ「上からなぞって書きなさい」
と言われその通りになぞって書いたら、先生からはズルをしたように言われ
習字の点数が悪くなり~岡本かのこさんには痛い目にあわされたそうです


濱田6

濱田庄司さんは1920年に、日本で陶芸を始めたバーナード・リーチ(イギリス人)に
誘われ渡英したのですが濱田さんのエッセイでは長~い船旅の様子や
イギリスでは、てっきり陶器の工房が有るものだと思い込んでいた濱田さんでしたが
粘土探しから~焼き窯造りまでイチから造らないといけない状況で
まるで騙されたようなことが書いてあり、なかなか大変な道のりだったようです
イギリスには4年ほどいて帰る前の濱田さんの展示会は大盛況で
造った陶器が良く売れたそうで、その売り上げで日本に帰る時は
色々な世界各地を回り観光をしながら帰るぐらい稼いだそうですよ~


濱田7

バーナード・リーチの日本滞在時の絵日記本と濱田庄司さんの自伝(タイトルはよく覚えていません
併せて読むと楽しいと思います (^^♪

鑑賞時間は1時間半ほどかかりました、私はのんびりジックリとみる方です



ドラマ「イニョン王妃の男」 電話ボックスのふたり~(⋈◍>◡<◍)。✧♡

  • CATEGORYテレビ
  • PUBLISHED ON2018/ 08/ 13/ 18:54
ドラマ 「イニョン王妃の男」 キム・ブンドとヒジン (下書き)
イニョン王妃の男

「イニョン王妃の男」盛り上がってきましたね
9話の「からまる記憶」では、お札が二つに切れてしまい
ブンドの手元にお札がなくなり~ブンドの2か月間の記憶もなくなり
彼の地(現代)に居る女人=ヒジンの事もすっかり忘れてしまったせいで
ヒジンの周りでブンドに関わった人たちは、ブンドの記憶を忘れ
(ブンドが現代にタイムトリップしたあいだの時空が消えてしまった)
ブンドに対する思いが強いヒジンだけがおぼろげですが記憶が残っていた為に
精神病にされてしまったり~、見ている方がじれったく
10話のラストでやっと現代に現れたブンドです
11・12話は、こっちもズッキューン! ハートドキドキ
キム・ブンドの矢に打たれた感じです
嗚呼~、 ノックダウン 



イニョン王妃の男茶色の影

只今、図書館で借りてきているデッサンの本の中に
(この年でちゃんと勉強しようとしているが中々先に進まない状態です)
水彩絵の具の塗り方が載ってあったので参考にしてみました
ます、影の部分を茶色で薄くぬるそうです~それが上の絵です
セピア調になり、なんとなくイイ感じです (*^^)v



イニョン王妃の男2018.8.13

こちらが完成品です。
なんか、可愛らしい色合いになりました~
残念ながらキム・ブンドの目の仕上げが失敗しました
下書きの時の顔の方が気に入っていたのですが
美男子過ぎる顔になってしまい、全く似ていません
似顔絵ではなく、只のイメージイラストだと思ってください
それと電話ボックスに付いている水滴を上手く描きいれる
自信がなく省いてしまいました、ドラマの雰囲気だと
あの突然の雨の状況が、よりドラマチックになり素敵だったのですがね…
水滴や水の表現で難しいですよね、まともに描いた事がありません



ブンド様が惹かれたフィレンツェの建物
フィレンツェ

今までは、本物のイニョン王妃を守ることや自分や自分の家に使える者の
命も守らなくてはいけなかったが~自分の使命を完了し
気持ちのユトリがでてきたブンド様、
本屋さんに立ち寄り朝鮮王朝の歴史の本に目線がいっていましたが
たぶん既に、ブンド様が生きていた時代からその後の歴史を
図書館で読んでいるはずですよね
先の歴史を知ったブンド様にとって過去に戻って
今までの暮らしより現代の暮らしが魅力的に見えてきたのだと思います
ヒジンとの出会いもありますし、個人的な自由がきくこの時代で生きたと
思ってきたように私は感じましたが…
世界も広く~飛行機に乗れば簡単にブンド様が気に入った
イタリアにも行ける

ブンド様はイタリアが憧れの地なのだ

前回、私は13話から見始めたようです
13話のラストでは、ブンド様は偽装パスポートの話をヒジンとしていた後
電話ボックスの近くにいたのに、姿が消えてしまったんだっけ…
(今日13話を見ました~ヒジンがブンドに携帯を用意していたのは覚えていましたが
電話ボックスの前でブンドの姿が消えたのは15話あたりかもしれません
わたしの記憶はあやふやです (*- -)(*_ _)ペコリ すみませぬ )


電話ボックス

キム・ブンド様は、ヒジンに対して「責任をとる」と言っていましたが
責任の答えがやっと出ましたね 【常にそなたの傍に居ること~】 ひゃぁ~っ 
やはり好きな相手にこんな事、言われたら最高ですよね 
キム・ブンド様の魅力は、真面目なこと~過去の人だから言葉の表現が固いのですが
そこも素敵にみえます、その固さもイイ!世間ずれしていないピュアさでしょうか
だからハンドンミンと言う真逆なキャラを登場させたのでしょう
彼の方がブンド様より、かなりのハンサムですがチャラチャラした
行動が鼻を突きます~、
それに、ヒジンに水をかけたり馬頭したり
いくら頭に来た事でも女性に対してアレは酷過ぎる
ヒジンはブンドの為にじっと我慢している、それも気丈に 愛は深い  

追伸
そう、そう~、いつでも「イニョン王妃の男」の雰囲気を味わえるように
「イニョン王妃の男」のサウンドトラックを買ってしまおう!と思い付き
アマゾンで検索~時すでに遅しCDの再入荷予定がないそうです
最後はメルカリまで見ましたがソウルドアウトでした
日本で初放映されたのは、たぶん2013年のBSの放送だと思います
再盤してくれないですかね (^^♪