FC2ブログ

Welcome to my blog

アートな日々~&日々の出来事!

美術鑑賞に、旅行、ちょっとだけ絵を描きます…

ギュスターヴ・モロー展~サロメと宿命の女たち パナソニック汐留美術館

  • CATEGORY展覧会
  • PUBLISHED ON2019/ 04/ 17/ 22:10
モロー展 ちらし
モロー展ちらし

4月13日(土)に行ってきました
オープン時間の10時に合わせて行きたいと思っていましたが
洗濯にとまどって(ただ~やり始めるのが遅かっただけ…(;'∀'))
汐留に辿り着いたのが10時40分ゴロ、少々出遅れました
おかげで、けっこう見学者が多く、絵が見にくかったです…

ちらしの絵は、「一角獣」(部分)です
以前、国立新美術館で公開されたことがあるタペストリー「一角獣と貴婦人」に
(フランスの中世美術館所蔵)
モロー先生がインスパイアされて出来た作品だそうです
確かに似ている感じがいたします

ちらしに14年ぶり!ギュスターヴ・モロー美術館の所蔵作品から一挙公開!
とありますが…私はモロー展を見るのはこれで2度目
以前は、渋谷bunnkamuraミユージアムで見たことがありますが
では、あれから14年もたってしまったのかぁ~
などと思ってしまいます、顔のシワも増えました (=_=)


モロー展1

「出現」 1876年頃
モロー先生の代表作と言える作品出現ですね

今回、美術館の展示テーマは神話や聖書に登場する
男性を死へと導くファム・ファタル(宿命の女)に焦点を当てています
それとギュスターヴ・モロー自身が現世で愛した女性を
紹介しています、一番が母親のポリーヌ・モロー
次に30年近くもモロー先生とお付き合いされた女性アレクサンドリーヌ・デュルー
アレクサンドリーヌ・デュルーは、家庭教師として生計をたてていたようですが
ギュスターヴ・モローに絵の手習いを受けたことが出会いとなったそうです


モロー展3

モロー先生が描いた恋人のアレクサンドリーヌ・デュルーの素描です


モロー展2

「サロメ」1875年頃
このサロメの背景なしヴァージョンがあり
そのサロメのみの習作がとても気に入り
色付きで横長の板に描かれたもの
オリエンタル風の洋服のデザインが素敵で細密に書き込まれていました
その絵の絵葉書があったら買いたかったのですが残念ながら置いてありませんでした
それで、その絵に近いものを選んだのが下の絵です
洋服を着ていないのですが蓮の花をもったポーズがこんな感じで
サロメだけの習作だったので選んでみました
(下の絵です) (*^^)v


モロー展絵はがき


記念撮影
モロー展

パリのギュスターヴ・モロー美術館の内部の写真
螺旋階段がオシャレです






江津への旅(島根県)⑮ その他~松江観光をして帰るの巻き

松江市立松江歴史館
松江歴史館1

松江城公園からテクテク少し歩いて、松江歴史館へ行ってみました
和風でまだ、新しい感じの素敵な建物でした (*^^)v
常設展はバッチリ楽しめました松江城主の話など映像で
一通り学べるようになっていて分かりやすかったです
行ったのが去年の7月、只今~翌年の4月 
内容は殆ど覚えておりません…(;'∀')

企画展は、松平不昩 「茶のこころ」展
松江歴史館2

企画展もきちんと見てきましたが
お茶をやられている方が見たらきっと楽しめる展覧会だと思いました
まったく、茶道はわかりません (*- -)(*_ _)ペコリ

松平不昩(まつだいらふまい)(1751~1818)
17歳で松江藩第七代藩主となり治郷(はるさと)と称し、困窮する藩財政を立て直します
いっぽう石州流茶道を基に諸流儀を学んだ不昩は、茶禅一味を唱え流派や形式にとらわらず
「諸流皆我が流」といい独自の茶道を目指し、大名茶人・不昩で知られています。


島根県立美術館の半券
島根県立美術館

お昼は、島根県立美術館に併設されている
イタリアンレストラン、ベッイオ・ロッソへ
2度目になります~
注文したのは前回と同じAパスタランチセット1340円税込みです

ヴェッキオロッソ3

サラダ~、

ヴェッキオロッソ5

スパゲティも前回と同じ魚介類のスパゲティにしたので
前回の写真を使いまわし致しました
こちらの魚介のスパゲティは、とても美味しいです

ヴェッキオロッソ7

で~、2度目の時のデザートは抹茶プリンでした (*^^)v


行った時の企画展 水野美術館コレクション展「日本画の美」です
日本画の美ちらし

すごく素敵な日本画が盛りだくさんの展覧会でした
水野美術館は長野市に建つ日本画を専門とする美術館です
(まだ~知らない美術館が潜んでいますねぇ)
横山大観、菱田春草を中心とした初期日本美術院系作家、
また美人画の上村松園や鏑木清方の絵もあり
現代作家の中島千波さんの桜の絵も見る事ができました
機会がありましたら是非行ってみたい美術館です

池上秀畝という方の作品を初めて見ましたが 「盛夏」と「鳳凰」
とても素晴らしい絵でした +゚。*(*´∀`*)*。゚+

その後は、まだ時間があったので常設展を見学

電車で、出雲市駅に戻り
夕食は、何を食べたか記録がなく~思い出せない私…
写真を間違えて消してしまったのがマズイですね
19:10発の満席のスサノオ号(JR中国バス)に乗り(満席だったのは、何故かよく覚えています)
翌朝の6:30 渋谷マークシティに到着です

江津への旅は、これにて終了でございます (*^^)v




パティスリー アブルーム (練馬区)

  • CATEGORY練馬区
  • PUBLISHED ON2019/ 04/ 13/ 22:50
 アブルームのケーキ
アブルーム2

西武池袋線 石神井公園駅近くのケーキ屋さんです
甘さ控めで、美味しいケーキです
が美味しさに比例してお値段もそれなりです (*^^)v


アブルーム3

右側が苺ムースと柚子のケーキ、左側がラズベリームースピスタチなんとか…はっきり覚えていません(;^ω^)
両方とも税抜きで560円也~

アブルーム1

苺の上には、金箔がのっています
ムースの周りには、柚子入りのホワイトチョコレートでコーティングされていて
中央の煮た苺が甘酸っぱく、味のポイントになり
もちろん美味しかったです
ラズベリーの方は、明日いただきます (*^^)v


パティスリーアブルーム
練馬区石神井町4-2-6
crossビル1F




茂蔵のナチュラル・クリーム・トウフ

  • CATEGORY未分類
  • PUBLISHED ON2019/ 04/ 01/ 18:37
茂蔵のナチュラル・クリーム・トウフ
クリームトウフ1


確か…320円か、340円位だったと思います
ケーキを一個を買うより安く~時々買ったりする品物でございます。

茂蔵は、豆腐や豆腐の加工品を販売しているお店で
以前は豆乳をよく買っていました
気になった方はチェーン店なのでネットで調べてみたら
どうでしょか


もう これはチーズです。 「ほんとうにそう思えます!( `ー´)ノ」
クリームトウフ2

茂蔵の店内を覗いて見ていたら、気になった食品がありました
それがナチュラルクリームトウフです
レアチーズケーキに目がないワタクシは
きっとクリームチーズとうふヴァージョンにちがいないと
期待を胸に買ったのが最初でありました
一口、味わったところ~(これはクリームチーズだ!)という味覚で
後味に大豆の風味がほんのりと広がりました
「ウ、ウマイ!!」 感激的な美味しさ~


イタリア産のオーガニック 栗のハチミツ
クリームトウフ3

栗のハチミツは、ほんのりと苦みが有り独特な風味が味わえるスペシャルなハチミツです
大人向きのハチミツ
お値段は、高めですがとても美味しいので気張って買い続けています


クリームトウフ4

ナチュラルクリームトウフを1/4、小皿に取りだし
(1/4の量でも以外と満足感を得られますよ)
栗のハチミツをかけていただいています
普通のハチミツでもいいですし、ジャムでもイケます (*^^)v

比較的、近いケーキ屋さんがほとんどレアチーズケーキを作らなくなってきたので
(ちぇっ(-"-))
代品としてクリームトウフを買うようになりました