FC2ブログ

Welcome to my blog

アートな日々~&日々の出来事!

美術鑑賞に、旅行、ちょっとだけ絵を描きます…

没後70年吉田博展 東京都美術館

  • CATEGORY展覧会
  • PUBLISHED ON2021/ 02/ 07/ 12:24
東京都美術館
東京都美術館1月

2021年1月28日(木)東京都美術館へ行ってきました
久々の展覧会です(*^^)v

珍しく、9時半の開館に合わせて美術館に到着できました
昨年の大晦日からお正月にかけて風邪をひき
声がカスレて仕事初めから一週間仕事を休んでしまったくせに
平日に休みをとりイソイソと行って参りました

展覧会開催日が始まって3日目、早い内に行って良かったです
のんびりとマイペースで吉田博さんの作品を鑑賞することが出来ました(*^^)v


吉田博展ちらし

ちらしに大きく記載されている通り、事前予約不要でした
今時、珍しい
土曜日・日曜日など混雑するようなことがあれば
入場規制などあるかもしれませんね

ちらしの版画は 「日本アルプス十二題 劒山の朝(部分)」 大正15年(1926)


今回の吉田博展は、版画をメインにした展示だと会場の解説に書かれていましたが
初期の水彩画や、山岳の景観を好まれた吉田博さんの油絵などの展示もありました
(吉田さんの水彩画の霧やモヤの表現は凄いです
水彩画でここまで描けるのだと感心するばかりです)
吉田さんは、20代に自分の描いた水彩画を携え
アメリカへ渡り、展示即売会で大好評を博した凄腕です
当時の公務員の年収の 確か?約13年分稼いだとか…
何処かの美術館で吉田博さんの水彩画の展覧会を
開催してもらえないかしら (*^^)v)

そして、旅先で書かれたスケッチの素晴らしさ!
3フロアを使い、たっぷりと吉田博の世界にひたれます!
私は、約3時間も会場に居てしまいました 


瀬戸内海集 「帆船 朝」 大正15年(1926)
吉田博1

こちらの版画は、イギリスの故ダイアナ妃の執務室に飾られていたものと同じ版画
私は、この版画を見て~てっきりベトナムのあたりの帆船の景色を参考にしながら
制作したものだと思い込んでいました
(吉田博さんは、絵の肥やしの為 海外渡航多し)
今回の鑑賞で瀬戸内海の風景と分かりました
何だか、この版画をみているとカトリーヌ・ドヌーブの主演映画「インドシナ」の
イメージと合致してしまったせい
かなり昔見た映画だったので内容は忘れてしまいましたが
ハロン湾と船の景色を何となく覚えております…(-"-)
映画の中の
年を重ねられたカトリーヌ・ドヌーブさんのお姿は
相変わらず 美しいかった

それと、ダイアナ妃の執務室に飾られていたもう一枚の版画
奈良の猿沢池と興福寺の五重塔の版画は、ダイアナさんが来日時
宿泊先に古美術商を呼び寄せ自分で吟味し購入された1枚だそうです。


吉田博2

印度と東南アジア 
「タジマハルの朝霧 第5」 昭和7年(1932)

明治、大正、昭和初期に活躍した、吉田博さん
普通の庶民には夢また夢の海外旅行を
絵の題材を求めて、何度も出かけています
私の子どもの頃でも、海外旅行といえば
憧れのハワイ旅行という時代でした

アメリカをはじめ、ヨーロッパやアフリカ
東南アジアなど
アメリカのグランドキャニオンの版画もgoo!
エジプトのスフィンクスの版画もありました
エジプトは、私の幼少の頃からの憧れの地でしたが
まさかのエジプト旅行を実現し
(当時、仲の良かった友達を巻き込んで…(-"-) )
私もスフィンクスを見てきました
(子供時代の私の世界感は、テレビ番組「兼高かおるの世界の旅」でした
金高さんがエジプトを訪れ、金ぴかのツタンカーメンの黄金の仮面や棺
お墓など~、初めてみる様式美には、目をみはりました)
私の見た時代は、キレイに発掘された後で
スフィンクスの足元がすっかり見える状態で見てきましたが
吉田博さんが訪れた時はまだスフィンクスの足はまだ
砂に埋もれていた時代
幕末のお侍さんがスフィンクスの前で記念撮影されている写真と
同じ状態でしたね


吉田博3

「渓流」 昭和3年(1928)
水の表現も素晴らしいです
私は今回で2回目の吉田博展でした(前回は損保ジャパンでみました)
まだ、一度も吉田博さんの作品を見たことがないと言う方は
是非、足を運ばれてはいかがでしょうか
とても素敵な絵や、版画を残されている方なのに
日本国内では知名度が少々低いように感じられ
残念に思うくらいです。


自分の覚書として~( ^^) _旦~~
長年住んでいる街の景色の版画もありました
練馬区、石神井公園の三宝寺池と中島にある三宝寺池厳島神社
地元意識があるので喜んでしまいました
今の景色と そう変わりない景色でした



原宿を少し歩いてみた~SOU・SOU青山店

  • CATEGORY雑記帳
  • PUBLISHED ON2021/ 01/ 17/ 16:47
甲状腺専門の病院へ行った後の寄り道です
岡本太郎記念館へ向かった通り道に
何やら、とても素敵な和モダンな店がまえ
なんのお店だろうと?気になりました
岡本太郎記念館を後にして、
そのお店に入店してみましたら
なんと!、SOU・SOUの直営店でした

2年前の夏に、百貨店の催事場で
SOU・SOUの商品を見ていて
東京にあるお店に行って見たいなぁと思っていたので
嬉しく、お店の中を拝見してまいりました (*^^)v


sousou1.jpg

お店の外観くらい、写真を撮ってくれば良かったです
後悔…、和風なカフェ風に見えるようなお店でした
実際、お店の一部に喫茶スペースがありましたが
新型コロナウイルス対策のため休止中でした

上の写真は、その時購入した がま口(大)です
お財布とハンカチ、チリ紙くらい入る 大きさです

これを使ってお出かけしたいと思っておりますが
このような状況下であまり、お洒落してお出かけする様な
機会がないのが、残念であります… (-"-)


sousou2.jpg

向かって右側上下が、テキスタイルデザインのハガキ
左側上が、お菓子の冊子
下中央が、マスク入れ(紙)
左下は、衣類の冊子

買い物した時に、頂いたものです

年に一度、原宿まで検査に行くので
今年の秋に、また立ち寄ってみたいと思っております(^^)/

SOU・SOU 青山店
港区南青山5丁目4-24

※岡本太郎記念館から徒歩3分程です。


パティスリー・アブルーム (練馬区)

  • CATEGORY練馬区
  • PUBLISHED ON2021/ 01/ 15/ 18:15
上方から撮ったケーキ
アブルームミエル1

去年の11月28日に買って食べた~ケーキです
ミエルという名のケーキ、463円(税抜き)
ミエルの味の記憶が残っていません… 早く記事にすれば良かった…(-"-)
写真から見まして、上に載っていますのはフランボワース
ケーキのメインはムースで出来ているのは確かですが…(-"-)

アブルームミエル2

中心がかわいいデザイン。


鳴門金時ムース
アブルーム鳴門1

珍しいムースでとても美味しかったケーキです
鳴門金時ムース 565円(税抜き)
こちらは、けっこう記憶にのこっています

上に乗っている黄色い実は、食用のホウズキ(外側の皮は食べられません)

アブルーム鳴門2

サツマイモの風味を感じられるムースに
中心には、スイートポテト状なものが入っていて
非常に美味しかったです
こちらは、季節限定なのかもしれませんね。

パティスリー・アブルーム
練馬区石神井町4-2-6
crossビル1階

原宿を少し歩いてみた~岡本太郎記念館

  • CATEGORY美術館
  • PUBLISHED ON2021/ 01/ 01/ 12:22
2021年 明けまして、おめでとうございます(^^)/

2020年11月9日、
原宿にある病院へ行った帰りの
寄り道です。
訪れたのは、4度目くらいでしょうか…

岡本太郎記念館(南青山)
岡本太郎記念館1

特に予約しなくても入館できます
体温のチェックはありました

展示場所としては、あまり広くありませんが
岡本太郎が生前 暮らしながら、アトリエとして使われた所なので
エネルギッシュな岡本太郎を感じられる場所です


岡本太郎記念館2

小さい頃から、岡本太郎という人は知っていました
大阪万国博覧会の太陽の塔を作った人
そして、よくTVCMに起用されていました
「ガラスの底に顔があってもいいじゃないか!」
「芸術は、爆発だ!」 とか
凄い個性的な人です


縄文人
岡本太郎記念館3

詳しく知ったのは、30歳前半くらいでしょうか
図書館で「太陽の人、岡本太郎」という本が目に付きました
写真が多く読みやすい、カラフルな原色が使われている
岡本太郎の作品、ポップで可愛らしさを感じました
太陽の塔は好きでしたが、岡本太郎の作品の良さを
若い頃の私は、それ程感じていなかった


こどもの樹
岡本太郎記念館4

こどもの樹は、青山にあった「こどもの城」(子供用の施設)の
建物の前に飾られていたもの。


岡本太郎は、18・9歳の頃に10年もの間
パリに暮らしていた
(当時、爆発的に人気があった 岡本太郎の父
漫画家、岡本一平が太郎のパリ暮らしを支えていた)
芸術の都 パリです
その時代は、パリへ行き最先端の芸術を肌に感じる事が
ステータスだったよう
洋行帰りの画家がもてはやされていた

もう10年くらい行っていない川崎市にある
岡本太郎美術館へ行くと
流暢なフランス語でインタビューに答えている
岡本太郎の映像を見る事ができるはずです 
(多分…、しばらく行ってないから変わっているかな…)
そんなインタビューを見ていると、凄くカッコよく見えてしまうのだ

岡本太郎に熱を上げていた時は
川崎市岡本太郎美術館の年間パスポートを
一度購入し、展示替えが有るたんび
出かけた事を思い出します
近い所でもないのに、ホントによく出かけました
今は、そんな事出来るエネルギーがないです
20年位前のことなので、若さのおかげでしょうね (;'∀')

岡本太郎記念館5

中央が、水差し男爵
両横の鳥のデザインがティーポットになっています
手前のミルク入れやカップ&ソーサーとセットになっている
モーニングセットの鳥の夢


岡本太郎記念館6

実物は、大きく迫力がある
ニョロニョロしている角の様なデザインがエネルギッシュ
光る彫刻 1967年

岡本太郎記念館7

岡本太郎のオブジェがとてもいいのです
 1961年

岡本太郎記念館8



岡本太郎記念館9



岡本太郎記念館10



岡本太郎記念館11



岡本太郎記念館12


自分のお土産に買ったマスキングテープ
岡本太郎記念館14

お土産コーナーに、マスキングテープのガチャポン
がありまして、1回 300円とそれ程高くなかったので
やってみました
自分的には、太陽の塔柄の白地のマスキングテープが
欲しかったが
出てきたのは、地味なグレー色の渋いマスキングテープ
でした (;'∀')



パティスリー・アブルーム (練馬区)

  • CATEGORY練馬区
  • PUBLISHED ON2020/ 12/ 13/ 18:22
パティスリー・アブルーム
アブルーム1

2020年10月11日に買ってきたケーキです(*^^)v
買ってきた日は、とても良いお天気で
日中は、20度以上
保冷剤の有無を聞かれましたが
大丈夫だと思い、入れてもらわなかった結果
下側のケーキの外側に付いていたココナッツパウダーと共に
外側のバナナ風味のソースが一緒に垂れていました
やってしまった!美味しさが半減…


アブルーム2

これで、2度目の購入
前回食べて美味しかったので
外側に付いているココナッツパウダー(というより顆粒状かしら)
がソースと甘酸っぱいマンゴームースのハーモニーが絶妙です

アブルーム3

白いムースの中心は、ラズベリーのムースです

すでに各ケーキのネーミングは、記憶にございません
おばさんなので許して下され (^^)/

 パティスリー・アブルーム
練馬区石神井町4-2-6
西武池袋線、石神井公園駅からすぐです