FC2ブログ

Welcome to my blog

アートな日々~&日々の出来事!

美術鑑賞に、旅行、ちょっとだけ絵を描きます…

カール・ラーション【スウェーデンの暮らしを芸術に変えた画家】損保ジャパン日本興亜美術館

  • CATEGORY展覧会
  • PUBLISHED ON2018/ 10/ 17/ 23:18
カール・ラーション展
カールラーション1

9月29日(土)に行ってきた展覧会です

家族をモティーフにした作品で知られるスウェーデンの国民的人気画家
カール・ラーション(1853~1919)
カール・ラーションは昔ながらの伝統が残るグーラナ地方の家、
通称「リッラ・ヒュットネース」を妻カーリンと共に理想の家へと改装して
いきました。
その暮らしぶりを描いた画集は各国で翻訳出版され、現代のスウェーデン
のインテリアにも深い影響を与えているそうです
こちらの展覧会は、絵画をはじめ、夫婦がデザインした家具やカーリンの
テキスタイルなど日本初公開を含む品々が展示されています
                                     (ちらしより)



カールラーション4

カール・ラーション、カーリン夫妻家族が住まいとした
リッラ・ヒュットネースの玄関


カールラーション3

カーリン婦人がデザインしたクッションとタペストリ

カーリンの服や子供たちの服などは、すべてカーリンがデザインし
制作もしたそうで、多彩な才能ある女性です
元々、カーリンも絵画の勉強をしていた女性でしたが
結婚を境に絵を描くのをやめてしまったそうで
ご主人のカール・ラーションが奥様のカーリンが画家として居るのを
良しとしなかったらしいです


「アザレアの花」 1906年 水彩
カールラーション2

ちらしに載っていた、こちらの絵が一番素敵だったかなぁ…
それとカーリンが自分の為に作ったウエディングドレスが
シンプルで可愛かったですね(展示されています)
そのウエディングドレスを着た可愛らしいカーリンの姿をカール・ラーションが
絵に残しています、残念ながら作品の展示はなく絵画の写真が飾って
あっただけでした、原画見たかったなぁ

カール・ラーションと婦人カーリンのライフスタイルが中心となっている
展覧会なので 画家カール・ラーションの作品の展示が少ない感じがし
私には、少々物足りなさを感じてしまった展覧会でした ('ω')ノ




童画家 茂田井武展 練馬区立石神井公園ふるさと文化館分室

  • CATEGORY展覧会
  • PUBLISHED ON2018/ 10/ 13/ 15:32
練馬区立石神井公園ふるさと文化館分室
ふるさと文化館分室

現在住んでいるところから徒歩5分圏内のところにあります


童画家 茂田井 武展
茂田井展1

近くだったので散歩するくらいの感覚で本日行ってまいりました (*^^)v
会期が12月24日までと長く開催されます、展示スペースはあまり広くありませんが
入場無料です 


左:ton paris52(郵便小包の仕分け所)1930-33年頃大川美術館蔵
右:「パリーノコドモ」初版まひる書房1946/復刻版トムズボックス2008 ふるさと文化館蔵

茂田井展2

今回で茂田井さんの絵を見るのは3度目です
前回は、いわさきちひろ美術館(東京)で大量の茂田井さんの絵を
みることが出来ました特に21歳の時からパリを中心に働きながら3年間
外遊された時代の絵日記的イラストは、今現在みても色あせなていない
感覚のもので、パリの街の雰囲気や茂田井の私的な恋愛模様も
描かれていました、若い頃の茂田井さんの写真を見ますと
なかなかのハンサム~外国でもモテたと予想できます


病床のなかで書き上げた渾身の代表作 
「セロひきのゴーシュ」 イラスト担当福音館書店1956年
茂田井展3

茂田井武(モタイタケシ) (1908~1956)
現在の東京都中央区日本橋に生まれる。
生家は画家の定宿であった旅館で、幼い頃から絵画に親しみ
中学校在学中、関東大震災で生家が全焼その翌年には母親が亡くなる
東京美術学校(現在の東京芸大)の受験に失敗し
その後 3年間の放浪の旅に出る
帰国し結婚後は童画の世界で活躍
(当初童画を描くのを茂田井さんはタメラッタそうで、それは内なる暗い部分が絵として表れてしまう恐れがあったから、しかし友人達の説得の末に童画絵を描き始めたとありました)
1954年に小学館児童文化賞児童絵画賞
持病の気管支炎喘息と肺結核が悪化し1956年に
48歳の若さで逝去しました

ふるさと文化館分室
練馬区石神井台1-33-44
石神井松の風文化公園管理棟内



奈良・京都の旅㉕ 京都リッチホテル五条河原町の朝食

6月9日(土)7:14 旅行最終日の朝食
9日食堂

朝食を頂く、お食事処の雰囲気は良さげでした (*^^)v


9日朝食

わたくし的には、美味しかったです
思ったよりオカズの種類もあり満足(バイキング方式)
全部食べきりました(小柄なわりには、沢山たべます(*^。^*))

9日朝食1

食後の〆は、コーヒーとヨーグルトです
ヨーグルトにはコーンフレーク、缶詰のフルーツも入れることが出来ました


曇り空と京都タワー
京都タワー

AM8時にはチックアウト
バスで京都駅へ、もう着ない衣類や必要のないものを京都駅前の郵便局で
自宅へ送る手配をすまし 身軽になって目的地へ向かいます



奈良・京都の旅㉔ まつおかのお弁当 京都高島屋

2018年6月8日(金)宿泊先 京都リッチホテル五条河原町
リッチホテル

はっきり言って、5年前より京都の宿泊料金が全般的に上がっている
ようでした~、以前宿泊したアパホテルもかなり高くなっていたし
良さそうだなぁと思ってもすでに空室がないとか
それがですね~激安なホテルを見つける事ができました
それがリッチホテル五条河原町です~
ホテル予約サイトの書き込みをみてもあまり良い事が書いていませんでしたが
こちらのホテル~確か誕生日に宿泊すると1000円で泊まれるようで
そのことに対してのコメントは、ほとんどお褒めのコメントが多かったです

素泊まりだと4000円でした、凄い安いです
それを考えればまずますです
何故かシングルルームを予約していましたが
シングルの料金で広々ツインルーム、ラッキーでした (*^^)v
(たま~にあるんです、これで3度目)

で~私は朝食付きにしたので+1200円
合計5200円になりました

後、フロント付近に異様に大勢のホテルの人が居ないところが
私には落ち着いた感じがして、意外と気に入ったのでありました


まつおかのお弁当
高島屋弁当

夕方に再度、京都高島屋に行き デパ地下コーナーで
お弁当を買ってきました
この日の夕食です 


高島屋弁当1

二段になっていて、おかずもタップリ~
マイ グーッドチョイス! 
税込みで1080円

高島屋弁当2

京都なのに、お弁当の味は関東風のちょい濃いめの味でしたが
痛まないように濃いめの味付けだったのかなぁ…
でも、私は関東の人間なので大丈夫 (*^^)v


高島屋弁当3

手前中央はナスの煮びたしでした~